• ホーム
  • 婚活総研について
  • 婚活調査レポート
  • データ調査元 IBJ

2016年09月30日

モテの境界線は年収●00万円から?男性のモテ度を年収別で見てみた!

  • 婚活

モテる男性の年収はいくらから?
お見合い・パーティー・合コンといった様々な婚活の現場から、
未婚男女のホンネ、婚活の現状などを調査し、解説していく『婚活総研』。
今回のテーマは「男性の年収とモテ度」についてです。

女性が男性に求める条件として「年収」が重視されがちですが、
高収入の男性は婚活にどのくらい有利なのでしょうか。
男性の婚活状況を年収別に分析してみました。

1. 年収800万円で168件のお見合い申し受け

男性の年収が高いほどお見合い申し受けが増加
800万円以上だと400万円の方の約4倍の申し受けがあります。
男性の高収入はお見合い申し受けの局面で有利なことは一目瞭然!

では、具体的にどの年収からモテてくるのでしょうか。
年収500万円の結果にご注目ください。
「申し受け数」が「申し込み数」を上回ることから
「モテの境界線」は500万円から発生していると推測されます。

500万円といえば日本の平均世帯年収549.6万円にかなり近い数字です。
「自分が出産・育児で仕事をやめても生活ができるレベル」
を求める女性の堅実な考えが伺えます。

なお、800万円以上からは緩やかな増加が見られます。
充分に生活していける収入になると女性の判断に大きな変化が生じなくなるのかもしれません。

2. 成婚率は600万円~700万円がピークに

成婚率も500万円以上から大幅にアップし、
600万円~700万円でピークの成婚率76%を迎えています。
年収と相性のバランスがちょうど良い男性が
600万円~700万円の層に多くいらっしゃるのかもしれませんね。

700万円以上からは若干ながらダウン傾向。
婚活ラウンジIBJメンバーズの婚活カウンセラーいわく「ハイスペックの方は
女性を選び過ぎるのでは?
もう少し視野を広げれば成婚率は高まるはず」とのこと。
また、700万円以上の男性に条件を絞って婚活をしている女性は許容範囲を広げてみてはいかがでしょうか。
思わぬところに相性ぴったりの男性に会えるかもしれませんよ?

3. おわりに

高年収は婚活にとって有利であり、
500万円以上を堺にモテるチャンスが劇的に増えるようです。

男性にとって年収を重視されるのはプレッシャーかもしれませんが、
チャンスと捉えて最大限活用しましょう。

「あの時、あの方とお見合いしておけば…」という後悔だけはしないように、
多くの申込みがあるうちにたくさんの方とお見合いしてくださいね。