• ホーム
  • 婚活総研について
  • 婚活調査レポート
  • データ調査元 IBJ

2012年03月05日

インターネットからの恋愛、結婚に市民権 ~ツールがたまたまネットだった~

  • 婚活
  • 出会い

2012年2月は婚活中の男女に婚活サイトやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用実態について聞きました。婚活サイト利用者の多くの方は以前から「mixi」や「Facebook」などのSNSなどを併用しています。SNSの趣味のコミュニティサイトなどから偶然恋愛や結婚に発展するケースもありますが、「婚活サイト」は男女とも最初から結婚が目的なのが大きく異なる点です。
けれども、両親や、上司などの世代から“インターネットを介した出会い=出会い系”と捉えられ、心配されることも少なくありません。婚活の当事者に生の声を聞いてみると、利用者にとってはお見合い同様、結婚相手と出会う方法の一つで、たまたまインターネットというツールを利用しただけ。従来のお見合いよりも“広範囲の人”と“自分の希望・意思”で知り合う可能性に期待する声が多く挙がりました。仲人がお見合いをセッティングしない分、実際に会うためにはお互いの努力が必要で、サイト上のメッセージのやりとりなどで会う前から人柄も分かるという利点が挙げられています。(有効回答数 402人)

1. 婚活サイトを知ったきっかけは??

男女ともきっかけのトップは「ネットの記事(PC)」です。次いで2位が男女とも「バナー広告(PC)」。女性は一緒に利用したい人が多いのか、男性と比べて「知人・友人の紹介」も多いのが特徴です。

その他のきっかけには、「婚活検索」(26歳女性・事務職)や、「インターネット検索」(23歳男性・薬剤師/その他医療系)のように、自分で積極的に探した人や、「職場に貼られていたポスター」(28歳男性・団体職員)、「職場の共済組合で紹介されていた」(44歳男性・国家公務員)のように、職場を挙げて婚活サイトを奨励しているところもあるようです。

利用のきっかけはやっぱりインターネット

利用のきっかけはやっぱりインターネット

2. 婚活期間とキッカケを教えてください

婚活の期間は大きく【1年未満】の短期派と【3年以上】のじっくり派に別れます。短期派は「弟や妹の結婚生活を見て結婚したいという気持ちになった」(39歳男性・エンジニア)、「震災を経験して、家族がほしいと思ったから」(35歳女性・コンピューター関連)と、ご自身の環境は周囲のプレッシャーなどから婚活を始められた方々。一方のじっくり派は「一生懸命に活動する時と、全然活動しない時との波があるので」(40歳女性・事務)のように活動に波がある方たちです。

その他の短期派は「昨年末に、結婚している同級生が多いことを知ってしまった」(34歳男性・自営)、「一生独身はイヤ」(33歳男性・コンピューター関連)、「後で焦りたくないので、早めに婚活を始めようと思った」(20歳女性・家事手伝い) “何か始めなければ”と活動を始めています。

じっくり派の中には「登録10年。パソコンが普及していない頃ならパソコンを使えば超高学歴のエリートと簡単に知り合えていた」(38歳女性・自由業)といった理由で、活動期間が長くなっている方もあるようです。

婚活期間と理由は人それぞれ

婚活期間と理由は人それぞれ

3. 恋人のいない期間を教えてください

恋人のいない期間は「1年未満」と「それ以上」で意味合いが異なります。半年までは、まだ前の恋人との存在が影響しているようです。

【3か月】は「同職など近い人は避けたいけど、それ以外でなかなか良い出会いがない」(27歳女性・営業)、「デートを数回する程度のお付き合いが続いたものの先月別れた」(44歳男性・公務員)など。
【半年】も「次の人を見つける気持ちが起きなかったので」(49歳女性・家事手伝い)、「7年お付き合いしたのに、どちらも跡取りで、フラれてしまったのが今年に入ってから」(37歳・クリエイター)といった理由が挙がっています。

半年までは前の恋人と別れて間もない、別れたどうかも定かでない部分もあるでしょうが、【1年】【3年】【5年】は合計すると、男性51%、女性52%にものぼります。

【1年】「失恋の傷がいえず、なかなか一歩踏み出せなかった」(33歳女性・自由業)、「元彼を引きずっていた」(36歳女性・デザイナー)、「離婚後の期間」(44歳男性・営業)と、前の恋人の存在から新しい出会いに向かうには1年くらいの時間がかかるようです。
【3年】「頑張って合コンセッティングしてもいいなーと思える人がいない」(29歳女性・事務)、「以前は休みの日に彼女と会うのも面倒に思っていました」(33歳男性・自営業)など、3年は迷いながらの空白期間とも言えます。
【5年】となると「転勤族なので」(30歳男性・エンジニア)、「仕事や勉強のほうが楽しかったから」(25歳女性・受付)などその方なりの理由があります。
【それ以上】の方は「大学時代以来。就職して今までは仕事をこなすだけで精いっぱいだった」(28歳男性・団体職員)、「今までお付き合いしたことがない」(32歳女性・薬剤師)などの理由です。

“恋人いない歴5年以上”も

“恋人いない歴5年以上”も

4. SNSなどのインターネット上でコミュニケーションをとるサービスはどのようなものを使ったことがありますか?

男女とも、日本ではSNS加入者数1位の【mixi】が首位。【Facebook】、【twitter】が続きます。これらの一般的SNS以外では「婚活サイト」の利用が目立ちます。

その他は「オンラインゲーム」(44歳男性・自営業)、「ネットゲームのチャット」(44歳男性・研究職)、「趣味人倶楽部」(51歳男性・自由業)、「ゴル友」(29歳女性・接客)、「コロプラ」(34歳女性・営業)、「アメーバピグ」34(歳女性・事務)など。これらの趣味・娯楽系のサイトから恋愛~結婚に至る例も少なくありません。

複数のサービスを利用する人が全体の9割以上

複数のサービスを利用する人が全体の9割以上

5. インターネット上で知り合った人と「実際に会ったこと」はありますか?

アンケート対象者のうち、インターネット上で知り合った人と会ったことがあるのは男性62%に対し、女性は74%。これだけ多くの人がリアルに会っている事実。そこで、その方たちのリアルな声を聞いてみると…

【ある】「前の彼女がそうでした」(23男性・団体職員)、「同地域のコミュニティでオフ会をやる企画があり、興味があって参加した」(28歳男性・自由業)、「同じアーティスト好きな人からライブのお誘いを受け、一緒にライブに行った」(25歳女性・コンピューター関連)、「ゴルフのサイトで知り合った人とゴルフへ行った」(29歳女性・接客)などは“趣味が合って”というパターン。「婚活中なので、会わなきゃ進展しない」(38歳女性・自由業)、「いろいろな手段から出会いを求めました」(30歳男性・営業)なども婚活中なら当然のアクションだと言えるでしょう。

【ない】と答えた方は。「怖い」(28歳男性・公務員)、「信用できない」(35歳・サービス)など。この数には「会うとしたらこれから」(42歳女性・事務)のように、たまたま今までは会っていない方も含まれます。

74%の女性がインターネット上で知り合った男性と会っている

74%の女性がインターネット上で知り合った男性と会っている

6. Q5で「ある」と答えた方は、どのような部分にひかれて会おうと思ったのですか?

数が多いのは【とりあえず会ってみないと分からないから】【メッセージのやりとり】です。
「アバター等の似顔絵だけでは顔や話し方などがイメージできないから」(25歳女性・事務)、「どんなにプロフィール、写真を着飾っても人間性はつくれない」(39歳男性・エンジニア)、「文章でのやり取りだけだと微妙だと思ったので」(34歳女性・自由業)。

今後いくらインターネット等の機器やシステムが発達しても、相手に会わずに結婚を決める人はいないでしょう。【会ってみないと】を除けば、理由の1位は【メッセージのやりとり】。女性の方がやりとりを重視する傾向にあります。いくらネット上のやりとりとはいえ、いや、ネット上だからこそ、相手を思いやるようなメッセージがやりとりできないと相手から「会ってみたい」とは思われません。

【趣味・嗜好】も重要なポイントです。「通信制大学において、その交流を目的としたSNSがあり、同種の人との交流をしたいと思ったから」(48歳男性・カスタマーサポート)、「twitterのコメントなどを見ていると、共感できる・趣味が合うということで、“会ってみる?”って感じに」(31歳男性・接客)。
マリッジ総研の第1回アンケートのテーマは「出会い」。
http://www.marriage-japan.net/hakusyo/detail/212001/
「出会った人と付き合う決め手は?」という設問に45%もの人が「共通の趣味・話題」と答えていたので、その回答ともリンクする数字となっています。

会えるかどうかはメッセージ次第

会えるかどうかはメッセージ次第

7. インターネット上で出会った人と「交際したこと」がありますか?

設問5で実際に会ったことがあると答えた人のうち、さらに交際したことがある人は、 男女ともに本人・知人を合わせると70%以上にのぼります。お互いが事前のメッセージのやり取りで、交際への大まかなイメージをいだいているから交際へ発展しやすいのでしょう。もちろん交際したければ、まずは知り合った方と実際に会ってみなければ始まらないのですが。

半数近くが「交際あり」

半数近くが「交際あり」

8. どのSNSなら「交際」のきっかけはインターネットでの出会いだと周囲に公表できますか?

トップは【婚活サイト】。「婚活サイトなら恥ずかしくない」(35歳男性・サービス)、「婚活サイトならそれ(結婚)を目的の集まりなので」(30歳男性・国家/地方公務員)。婚活サイトで生まれる恋愛は“結婚が大前提”ですから、肯定的な意見が多数を占めました。

人気の高いSNSのうち、【Facebook】は「友人から発展したというイメージがある」(34歳女性・事務)、【mixi】も「"趣味を通して出会った"みたいな感じで言えば、抵抗感なく公表できそう」(27歳男性・営業)と、趣味を介した自然な出会いを前面に出すことができるというのが主な理由です。

そのほか、「なんでもいいんじゃないでしょうか。昔と比べ世間の認識も違うと思います」(34歳男性・接客)、「今のご時世、ネットでの出会いは特別なものではない」(39歳男性・自営業)、「婚活が流行っている今、問題はない」(35歳女性・事務)など、サイトの種別を問わずインターネットを介した出会いもそのほかの出会いと違いはないという感覚が多数ありました。

結婚前提のサイトで出会ったなら公表できる

結婚前提のサイトで出会ったなら公表できる

9. どのSNSなら「結婚」のきっかけがインターネットだと周囲に公表できますか?

【Facebook】は「実名だから」(36歳男性・医師)、「実名登録だから」(36歳女性・教師)と実名公開が信頼のカギとなっています。【mixi】も周囲の人が理解しているという意味では高ポイントです。「周囲でも登録をしているSNSであれば公表しやすいと思う」(31歳男性・事務)。

男性のトップは【婚活サイト】です。「身近な人でインターネットの婚活サイトを通じて結婚した人がいて、普通に公表していたのを見て、抵抗感を感じなくなった」(27歳男性・コンピューター関連)、女性も「婚活サイトだと真面目な感じがする。現代版のお見合いですから」(29歳女性・自営業)など。【婚活サイト】は特別なものではなく、【mixi】や【Facebook】と同じような存在だと言えます。

結婚のキッカケになったサイトを周囲に言えない理由としては「友人たちは高額な婚活サイトをバカにする意見が多いので言えない」(35歳男性・団体職員)、「婚活サイトで会ったというとすごくガツガツした人に思われそう」(36歳女性・事務)などがありました。

婚活サイトをきっかけに恋愛を経て結婚へ

婚活サイトをきっかけに恋愛を経て結婚へ

10. インターネットをきっかけとした出会いですてきなエピソード、残念なエピソードがあれば教えてください

【すてきなエピソード】
「スマホのアプリで知り合った人といい感じになれたことがある」(24歳女性・事務) 「交際には至っていませんが、ネットで知り合った友人とは今でも2か月に1回程度、グループで遊んでいます」(25歳女性・コンピューター関連)…軽い知り合いから始まる友達以上、恋人未満もあります。

「文才のある人はネット婚活が向いていると思います。私がそうでした」(35歳男性・コンピューター関連)…メッセージのやりとりがリアルに会うきっかけとなるのもうなずけます。めざせ!メッセージ好青年&メッセージ美人。

「友人がSNSで知り合った方と結婚しました。出会いのきっかけの一つとしてあるんだなと実感しました」(31歳男性・事務)
「以前に勤めていた会社の社長とその奥様は、ネットでの出逢いがそもそもの始まりだったとか」(31歳女性・広報)
「いとこはネットで婚活をし、34歳で結婚、36歳で出産。彼女は歯医者でダンナさんは年下。ダンナさんは毎晩彼女のためにご飯を作り家庭的で協力的。とても幸せそうです」(32歳女性・団体職員)
…究極の“すてき”はゴールイン。ネット婚活は結婚の一つの手段として広く浸透しています。

【残念なエピソード】
「写真非掲載の人と会ったら…以下自粛」(39歳男性・エンジニア)、「食事の仕方が受け付けられなかった」(34歳女性・営業)、「メールだとうまく会話ができたのに、実際に会うと会話がかみ合わなかった」(50歳男性・公務員)…やはりまずは会ってみないと相手のことは分かりません。

「可能性が増大するという意味では素晴らしいですが、その分、フラれることも多くなる」(43歳男性・研究職)
「某SNSで出会い付き合った彼氏が忘れられず、無駄に数年費やしました。見切りをつけて早く婚活すれば良かったです」(36歳女性・事務)…こういう経験を踏まえて結婚に特化した婚活サイトに人気が集まっています。

「自分が素敵だと思う人には好かれなかった」(33歳女性・事務)、「ネットで会った人はみんな結婚したが自分だけ独身」(38歳男性・コンピューター関連)…回答者さんの順番はおそらくこれからです。

「すてき」も「残念」も会ってみないとわからない

「すてき」も「残念」も会ってみないとわからない