• ホーム
  • 婚活総研について
  • 婚活調査レポート
  • データ調査元 IBJ

婚活総研について

婚活にもサイエンスとテクノロジーを

婚活総研は総合婚活サービスIBJにおける調査・研究機関です。
婚活や恋愛に関する調査・研究や科学的な分析を行い、 婚活マーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。

主な活動

心理学×統計学で相性診断

心理学と統計学のノウハウを活用し、婚活サービスに導入。
人間の本音を明らかにするアルゴリズムを研究し、テクノロジーを開発しました。
20問の質問に答えるだけで、27波形の中から自分のタイプを導き出します。

2017年1月 「カップリング診断」 Release

カップリング診断

2016年6月 「マッチング・ラボ」 Release

マッチング・ラボ

※マッチング・ラボは、IBJ加盟相談所限定のサービスです。

AIを駆使したマッチングアルゴリズムの研究・開発 (技術協力:東京大学山崎研究所)

IBJの婚活会員の活動データを分析。結果に基づきAIが自己学習を重ねることでよりマッチング確率の高いお相手の紹介好感をもたれやすいプロフィール写真の提案を実現いたします。 (※現在研究中。2017年以降より実装予定です。)

笑顔の写真

(左)まじめな顔、(右)左画像を画像処理により笑顔化した結果

その他

・婚活男女の行動と意識の特性調査
・婚活およびその周辺のマーケット調査
・多様化するパートナーシップの提言
・婚活サービスで結婚にいたりやすいタイプの調査 など

ご挨拶

代表取締役 石坂茂、取締役/主任研究員 木原誠太郎

結婚のあり方や考え方は大きく変わってきています。事実婚、夫婦別姓など制度上の問題のほか、結婚式や結婚生活などのライフスタイルも刻々と変化・進化を遂げています。
さらに、急激なインターネットの普及により、男女の出会いの形が根本から変化しています。「出会う」という人間の根源的な欲求の姿を、インターネットというテクノロジーが大きく変えているのです。
この「婚活総研」では、独身男女から定期的に「生の声」「今の声」を聞き取り、データの蓄積と分析を継続することによって、皆さまのライフスタイル設計に役立つ情報を発信してまいります。

婚活総研株式会社
代表取締役 石坂 茂
取締役/主任研究員 木原 誠太郎

石坂 茂(写真左) 経歴
1971年9月生まれ。東京大学経済学部卒業後、株式会社日本興業銀行入行。法人営業、船舶ファイナンス等に従事した後、2000年に日本で最初の婚活サイト「ブライダルネット」を立ち上げる。2006年に婚活総合サービス企業IBJを設立。2012年にJASDAQ上場、2015年に東証一部指定。「日本の結婚数と出生数の向上により、人口減に歯止めをかける」ことを事業目的として、ITとアナログサービスを活用したハイクオリティなサービス展開を実現している。

木原 誠太郎(写真右) 経歴
1979年1月16日生まれ。法政大学経営学部経営学科卒。マーケティングとブランディング(消費者行動論)専攻 。大手広告代理店、大手ソーシャルメディア、大手調査会社などでマーケティング、リサーチ業務などに携わり2011年11月に独立。リサーチ、マーケティング、人材会社などのプロデュ―ス事業を展開。現在は「ディグラム」の研究、コンサルティングを主軸とし活動中。
【経歴詳細について】 URL:http://digramlabo.com/profile.html